ラクロス女子競技はそれぞれ10人からなる2つのチームが競うものである。

​女子ラクロスの最大の特徴はスティックの存在にあり、男子のスティックよりもポケットが浅いため、ボールを入れたままスティックを扱う技術がより一層大事になる。ルール改訂も行われ、フリースタートディフェンス の自由度など、今までにない試合展開にも注目だ。

​Women's Rule

​ポジションをクリックすると説明をご覧になれます。

女子修正.png

​Field

IMG_5181.JPG
IMG_5315.JPG

​攻守共に活躍するゲームメーカー

フィールド全体を走り回るため最も体力を必要とする。

MF

IMG_5184.JPG

​DF

守りの専門家。非常に頭を使うポジションである。相手の動きに合わせるのではなく、相手をどう動かしたいかを考えることが重要である。

5a9eadf140abc.jpeg

守りの要ディフェンスの司令塔

ヘッドの大きなスティックを使い、1つのセーブで大きな流れを引き寄せられる。

​Goalie

IMG_5180.JPG

​各クウォーターの始めと得点があるたび、

ドローで試合がスタートする。

クロスとクロスの間にボールをセットし、自分が飛ばしたい方向にボールを飛ばす。

​Position

 

攻撃の専門家。相手のDFを交わし、味方をアシストし、ショットを決める。

また、どのように点を取るのか様々な工夫が求められる。

​AT

 
 
 
 

​Drawer

女子ラクロスには重度のファールであるメジャーファールとそれ以外のマイナーファールというもが存在する。​守備側の選手が11m扇内でメジャーファールを犯した場合、攻撃選手は11mエリア内のハッシュマークからスタートすることができる。

​Example

​【フリースペーストゥゴールの侵害】

​【3秒ルール】

IMG_6131.JPG
IMG_9881.JPG.jpg

​ATがシュートを打ちそうな時に

DFはシュートコースに入ってはならない

DFはボールマンについていない状態で

3秒以上11m扇内にとどまってはならない

​【デンジャラスチェック】

IMG_6133.JPG

​クロスで相手の身体や頭をつついてはならない

​Foul

​↓女子チーム紹介はこちら↓

IMG_0161.JPG.jpg
IMG_0157.JPG.jpg